funkasticsym567’s diary

書評中心に雑感を記載します。自分のアウトプット実験場の一つです。

自分のアタマで考えよう

今日は、午前中に息子を遊ばせて、 午後に自由時間をゲットです。読書してせっせこログを残すべし。自分のアタマで考えよう作者: ちきりん,良知高行出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2011/10/28メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 30人 クリック:…

茶道勉強中です。

2016年3月に、師範となるための試験がありますので、 鋭意勉強中です。茶道文化検定のテキストは、 カラーで写真が入っているので、非常に良いです。字が大きく、 茶道具、庭、茶室に関する写真が多い。初学者や実物が近くにない人に対してやさしい本です。 …

僕たちは、「会社」でどこまでできるのか?

どこまでも可能である!いかに巻き込むか。 ”結果は?”と問われた時には、 必ず、別のKPI(KEY PERFORMANCE INDEX)で話ができれば良い。 結果って何か? ”次への展望”が見込める実績が出ているか。 という認識。(最初から利益貢献に直結する”結果”が出るわ…

企画書は手書きで!

書いて書いて書きまくろう!仕事上、ホワイトボードにガリガリ汚い字で書いて、 説明することが多いが、書きながら相手と話すことで、 自分も相手の頭も整理される。 そして新たな発想が生まれる。なるべく、1枚でおさめるのが、企画書の肝らしい。ログとし…

お稽古メモ(20130608)

今日のお手前<<和巾点>>・今日は和巾点のお濃茶 (前回は薄茶バージョンを習った) ・茶入に、小袱紗を敷いて運ぶ ⇒ 人差し指と親指で茶入れを支えて置く。 ⇒ お仕服をほどく時の動作に注意。 小袱紗を回して、紐を伸ばして(向こう、手前) 持ち上げる…

お稽古メモ(20130511)

今日のお手前<<お盆点>> ・お盆の持ち方 ・運び方 ・袱紗での拭き方 ⇒ お茶をたてる前のタイミングと、 拝見をかけた後の場合とは異なる。 ※ 前者が横拭き。後者が縦拭き。 ・お仕服は、右手にスライドしない。 ⇒ 理由: 今月より「風炉」のため、 「炉…

読みたい本&雑誌についてなど。。

昨今の音楽雑誌はどうなっているか。。。本日、書店に立ち寄った際に、高校時代の某愛読誌を読んでみた。 当時新人だった記者の記事を読んだが、特に感じるところはなかった。昔のように、記事に対して革新的な表現や、心を揺さぶられるような刺激を求めて手…

GWに際して整理整頓

この3日間は一応、休みとしているが、 家にて待機状態。実質は半分仕事中。半分休み。息子がハイハイマスターとなり、 つかまり立ちをするようになったため、家の中を整理。 レイアウトも変える。以下、メモ。■5/3でかける。family affair である。■5/4掃除…

極うまラーメン

書評というか、なんというか、 東京周辺で訪れたラーメン店と、これから行きたいラーメン屋の自分向けまとめ。表題の本は売りに行きます。 私が持っているのは2008-2009年版だし。(アレです。石上秀幸さんのやつです。) この本は一人暮らししてた時に役立…

知識吸収・独学の目標と進捗状況

▼目的: ・茶道を通して自身と周囲の人々の感性を洗練させる ・日本文化の理解を深め、拡散する ・なんでも話せ、腹を割れる場づくり ▼大目標:以下の3ターゲットに対する茶道教室を開く 1.学生 2.海外からの移住者(一時滞在者含む) 3.親世代(いわ…

勉強用に欲しい本

これ、欲しい。「茶の湯の常識―利休伝書が語る」先日、ソラマチ内の本屋で発見。ある所作をどうして行うのか? また、特段意味のない所作もある。 形式だけではなく、所作の意味をふまえてお手前をしたい。そういうことを書いた本は、 ほかにもあるだろうか…

お稽古メモ(20130421)

<良かった点>・お手前の速度 ・七種蓋置の置き方の質問 ・濃茶の練り具合 <反省点>・中蓋、中じまいを忘れかけた ⇒ 手順があやふや・大海のふき方 ⇒ 「二」だけ。側面を回してふかない。 ■大海 ・お茶入の一種 ・「小習」のお手前なので注意。 ■仕覆(し…

[資格]茶道文化検定について

茶道を正式に習い、学びはじめて約一年、 小習いから中伝へと順調に進みお免状を頂いている。毎度毎度、お手前では ひとつひとつの動作が 無関係ではなく合理的な流れで 考案されていることを感じさせられる。茶道本来の、おもてなしの精神などには いきつく…

プランター栽培日記その2(今期植えたものについて)

4/14日(日)に、苗と種を植えた。 下記、何を植えたか記載しておく。■苗・サニーレタス ×2 (自然栽培の苗を購入したもの)・三つ葉 ×5 (実家から束で送られてきた) ■種・リーフレタス・ルッコラ <<それぞれの現状(4/19時点)>> ■苗・サニーレタス…

すぐわかる作家別やきものの見かた

先日の茶道のお稽古では、2回お手前をさせて頂きました。 というのも、前々回は高松へ高跳びしていたので稽古をやむなくすっとばしており、 お師匠様のご厚意でさせて頂く事ができました。 一回目は「茶入れ飾り」 二回目は「重ね茶碗」でさせて頂きました。…

プランター栽培日記その1(土づくりについてメモ)

先月より、プランター栽培を夫婦で始めました。 将来は、実家(奈良)に帰って自給自足ができる程度は 米も野菜も育てて大自然の幸にあやかりたいと思っているのです。 その思いが強くなったときに、苗や種を方々より頂きました。 それがきっかけで、土を買…

茶道の美学

茶道を初めて約一年、初期のお免状を頂き、精進しておるところです。 お師匠様(といっても70代のおばあさまですが)に、「先生になる準備」として 必要な内容がのっている本として紹介して頂きました。それが表題の「茶道の美学」であります。曰く、道と名…

香川県高松市へ訪ねて

この日曜日(5/13)は、血はつながらずとも兄弟のごとく盃を汲みかわす弟の結婚式に参列して参った。小生、本質的には内向的で一人プレイの多い傾向にあるのだが、 前日土曜日に宿として快く泊めてくれたこれまた別の弟と深く話し込んでいた。久々に深い話を…

久々に書く/アウトプット

今日、大変感謝すべき出会いがあり、忘れないために書き残します 。前の現場で仲良くしてもらっていた方に紹介して頂いた経営者の方と 本日2度目にお話しする機会を頂きました。「金持ち父さん、貧乏父さん」という、ロバートキヨサキ氏の著書をもとに、 私…

仕組みづくりと習慣づくり

以前、仕組み化と題して泉正人氏の"「仕組み」整理術"という書に触れました。 (http://d.hatena.ne.jp/funkasticsym567/20090915/1253030445) 習慣にしてしまう仕組みを作ることが大切だと思います。 相変わらず、3日で一冊を読みきる習慣をつけようと努力し…

えにしなりけり

今日ほど縁というものを感じたことは無かった! といえるくらいにめまぐるしい中で たくさんの人々に新たに出会い、 その人々はすごく愛すべき人で、こちらが癒され、 愛したくなり、 喜ばせたら うれしさをあらわしてくれる。やばい、うれしくてたまらんよ…

Monkey Man/Maytals

Monkey Manアーティスト: Maytals出版社/メーカー: Sanctuary Records発売日: 2003/05/20メディア: CD クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る ああ、もう秋だなあ。 ジャマイカな気分にはハマらない気候だなあ。 肌寒くなったし、 ここんとこ雨は…

ザ・グーグルウェイ

ザ・グーグルウェイ グーグルを成功へ導いた型破りな戦略作者: ベルナール・ジラール,三角和代,山下理恵子出版社/メーカー: ゴマブックス発売日: 2009/04/27メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ (10件) を見る今朝、出社してPCを立ち上げ、…

世界同時バランスシート不況

世界同時バランスシート不況―金融資本主義に未来はあるか作者: リチャードクー,村山昇作,Richard C. Koo出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2009/08メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 14回この商品を含むブログ (10件) を見る 非常に読みやすい文だった。 …

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー作者: 万城目学出版社/メーカー: 産業編集センター発売日: 2006/04メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 334回この商品を含むブログ (450件) を見る職場の後輩にすすめられ、拝借して読みました。 母校周辺を舞台にした物語ゆえか、 非常に楽し…

司馬遼太郎の日本史探訪

司馬遼太郎の日本史探訪 (角川文庫)作者: 司馬遼太郎出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1999/06メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (17件) を見る源義経 楠正成 斉藤道三 織田信長 関が原 朱印船 シーボルト 緒方洪庵 新撰組 坂本竜…

のぼうの城

のぼうの城作者: 和田竜出版社/メーカー: 小学館発売日: 2007/11/28メディア: 単行本購入: 14人 クリック: 186回この商品を含むブログ (371件) を見る成田長親という武将をご存知でしょうか? この本の主役である当人は、"武将"と呼ぶにはどうも違和感のある…

半期キックオフMTGの感想

今日は、 午前:全社MTG ⇒ 午後:事業部合同kick-offMTG でした。●プロジェクト某の資料について …資料の色使い、デザイン、効果、素敵でした。 これは、SSさんが作られたものだと勝手に思っています。 素敵でした。あのような洗練された資料を私も作れるよ…

協力のリーダーシップ

協力のリーダーシップ―メンバーの個性を活かすチームワークの技術 (Harvard Business Review Anthology)作者: DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2009/07/31メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含む…

仕組み化について

こんばんわ。今朝、東京は小雨が降っておりました。 職場の先輩からメールがありました。 「基本的に、朝は俺が自転車使うから。夜は乗って帰ってね。」 「でも今日は雨だから乗らない。あと明日は帰りも乗るからよろしく。」社会人になってまさか自転車を共…

アウトプットスタート

初"はてなダイアリー"投稿を祝して!…何をするわけでもありません。ただし備忘録として、最初にはっきりと記しておきます。このダイアリーを書く"ねがい"・"目的"は以下。 ******************************************************* ねがい ・信頼できる情報…

自分で考えることと仕組み化について

そして日付をまたいで2度目のエントリー。近年、大学生の学力低下云々を耳にすることが多いように感じます。 その理由の1つとして、インターネットの検索機能の発達・普及により、ある命題に対して自ら考え答えのアタリをつけたり仮説を立てたりした上で、自…