読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funkasticsym567’s diary

書評中心に雑感を記載します。自分のアウトプット実験場の一つです。

28歳からのリアル - 個人的には、人生60年プランを考案したい -

 

新版 28歳からのリアル

新版 28歳からのリアル

 

 書評というよりは、1つの生き方、将来を考えてどう進むかを整理したくて記載する。
昔、この本を読んだのだけれども(29歳のころぐらいか)、”ふーん”という感じだけで、何を実践するということも無かった。

やはり、人生を豊かにするために色々な情報をインプットすることも大事だけれども、
自分の人生における、ヒト・モノ・カネで重要なことは何か、
そして”幸せ”とは何かを明確に定義できるようにすることがまず大事なのだろうと思う。 

個人的に考えている、人生60年プランは、以下である。


・ 60歳でリタイアした後に、自分の趣味を6割、家族との娯楽を2割、仕事2割、としたい(自分の趣味と実益を兼ねた仕事に入ることと、家族とのコミュニケーションをより娯楽に重点を置いていくフェーズ)
・ 50代では仕事において自身が属する会社内の相談、管理だけでなく、社外に少なからず影響、貢献ができる人材となりたい(社会貢献をよりダイレクトに何らかの形でできないかと動くフェーズ)
・ 40代では自身が属する会社内での貢献、クライアントに対する貢献ともに確固たる成果として残すこと。ただし、”自分自身がやる”というより、育成した部下がそれを行うこと。そして子どもは思春期の時期であろうため、接し方に注意をせねばならない可能性を意識する。(30代まででプレイヤーとして積み上げてきた実績を後進に、組織に還元できる視点を確固たるものとするフェーズ)
・ 30代ではプレイヤーとして自身の特性を確立する。可能であれば、複数の領域に一家言持てる実績を作りたい。(自分の専門性を1つの領域で太く持ち、クライアントに貢献できる力を持つ。可能であれば複数の領域で強みを持つフェーズ)
・ 20代は、馬車馬のように働くこと。ただし、精神を病んだり、死にそうになったらすぐに逃げられるよう、最低限、自分の味方は誰かを知っておくべきである。(社会の仕組み、親や周囲への感謝などをより深く知るフェーズ)
・ 10代は、いっぱい遊べばいい。勉強してインプットするのも大事だが、なんだかわからないけれどもアウトプットすることの方が大事だと思う。(青春よあっぱれフェーズである(適当))

 

最後、適当になってきたが、以下の本でも今さらながら読んでみるか。
年明けて1月で私も35歳になることだし。

 

35歳からのリアル

35歳からのリアル

 

 

人生、いくつになっても「新鮮な気づき」をもとに、
「自分だけでなく周囲も幸せに」できる自分なっていくことが理想である。



以上。